医療法人社団 厚成会 海老名ハートクリニック 循環器疾患専門 及び 一般内科 高機能型有床診療所 高周波アブレーションカテーテル お問い合わせ 046-236-6085
主に下肢の太い動脈が動脈硬化により長い時間をかけて狭窄・閉塞していく病気です.その為,血液の流れが悪くなり,足先への酸素や栄養を十分に送り届けることができなくなり,以下のような症状が現れます.
症状
  下肢の冷え・しびれや,間歇性跛行(はこう)−ある一定の距離を歩くと足がつったり,締め付けられるような痛みを感じ,休まなければならない状態−と言われる症状が代表的な症状です.
病気の進行に従って,様々な症状を呈するため,Fontaine分類(フォンテイン分類)と呼ばれる,病期と症状を結びつけた分類方法が広く用いられています.
Fontaine 1度(もっとも軽症)
    下肢の冷感や色調の変化を認めます
Fontaine 2度
     間歇性跛行を呈します
Fontaine 3度
     安静時にも疼痛を認めます
Fontaine 4度(もっとも重症)
     下肢の皮膚潰瘍,および激痛(糖尿病などによる末梢神経障害を認め     る場合には,痛みを感じないこともあります)
Fontaine 5度
     下肢の壊死(組織の破壊)により皮膚の黒色化,硬化などが起きます.     下肢の温存は不可能であり,切断の適応となります.
*その他の症状としては,陰萎があります.
原因・分類
  労作性狭心症
いわゆる動脈硬化性狭心症であり,冠動脈の動脈硬化により狭窄病変が存在するため,労作など,心筋の運動量増加(酸素需要量の増加する状態)により,一過性の心筋虚血状態が誘発されるために症状が出現した状態です.安静にすることにより,改善します.
異型狭心症
いわゆる血管痙攣性狭心症であり,冠動脈の動脈硬化は少ないものの,血管の痙攣(攣縮)により一過性の冠動脈の狭窄が誘発され,狭心症発作を生じるものです.運動時よりもむしろ,就眠中や朝方など,安静にしているときに起こりやすいのが特徴であり,労作性狭心症とは異なります.
好発年齢
  中高年の特に男性に多く発症します.
診断方法
 

下肢と上肢の血圧の比を調べて,ABI(ankle brachial index:血圧脈波検査)として表現します.正常では,このABI比が1.0以上となります.しかし,閉塞性動脈硬化症の方はこの比が低下し0.9未満,場合によっては0.5未満まで低下します.