医療法人社団 厚成会 海老名ハートクリニック 循環器疾患専門 及び 一般内科 高機能型有床診療所 高周波アブレーションカテーテル お問い合わせ 046-236-6085
心臓全体は心筋という筋肉でできており,ポンプの役割を担い全身に血液を供給し養っていますが,心臓は心筋自身も自分で養っています.この心筋を養っている動脈が冠動脈(あるいは冠状動脈)です.この冠動脈が何らかの原因で一過性の虚血状態となり,症状を引き起こす状態が狭心症です.完全に冠動脈が閉塞もしくは,著しい狭窄により,虚血状態が持続的した結果,心筋が壊死してしまった場合は心筋梗塞といいます.これらの冠動脈の血流不全状態を総称した疾患が虚血性心疾患と呼ばれるものです.
症状
  締め付けられるような痛みや圧迫感(狭心痛といいます)を自覚する事が殆どです.痛みを感じる場所は前胸部が最も多く,それ以外にも左肩への放散痛が認められることもあります.また稀には,胸部症状を認めずにみぞおちの痛み(心窩部痛)や,吐き気・嘔吐だけの場合もあります.その他に,呼吸困難感や左側胸部痛を認めることもあります.発作の持続は数分間であることが多く,典型的な場合には労作により誘発され,安静にて消失します(労作性狭心症).
狭心症の症状が数十分持続する場合には,心筋梗塞に移行している可能性が高くなります(⇒心筋梗塞の項参照).
原因・分類
  労作性狭心症
いわゆる動脈硬化性狭心症であり,冠動脈の動脈硬化により狭窄病変が存在するため,労作など,心筋の運動量増加(酸素需要量の増加する状態)により,一過性の心筋虚血状態が誘発されるために症状が出現した状態です.安静にすることにより,改善します.
異型狭心症
いわゆる血管痙攣性狭心症であり,冠動脈の動脈硬化は少ないものの,血管の痙攣(攣縮)により一過性の冠動脈の狭窄が誘発され,狭心症発作を生じるものです.運動時よりもむしろ,就眠中や朝方など,安静にしているときに起こりやすいのが特徴であり,労作性狭心症とは異なります.
不安定狭心症
  上記の狭心症の症状が突然生じたり,あるいは今までよりも発作頻度が増加している,持続時間が長くなっているなど,なんらかの形で増悪している状態を不安定狭心症と呼びます.動脈硬化プラークの破綻に伴う血栓の形成により冠血流が減少した状態が考えられ,心筋梗塞に移行しやすい状態です.
診断方法:
 

ホルター心電図

小型の心電図記録装置を24時間携帯し,日常生活でいつ起こるかわからない不整脈や狭心症発作を発見することができます.
運動負荷心電図
運動により心血管系に負荷を与え,安静時にはみられない潜在性の異常を発見する事ができます.
心臓カテーテル検査
直接冠動脈に造影剤を注入し,血管造影を行い,狭窄・閉塞部位を特定します.
治 療 法:
 
抗血小板剤の投与
亜硝酸薬
カルシウム拮抗薬
β遮断薬(異型狭心症には投与しません)
カテーテル治療
いわゆるバルーンカテーテルを用いて,狭窄・閉塞した冠動脈を物理的に拡張する方法で,PTCA(Percutaneous Transluminal Coronary Angioplasty:経皮的冠動脈形成術)と呼ばれています.最近では,バルーンで拡張しただけでは拡張しきれないため,ステントと呼ばれる金属の網を血管の壁に留置することにより血管を支える治療方法(ステント留置術)が主流となってきています.これらのカテーテルを用いた治療方法は,併用して行われることが多く,最近では総称して,PCI
(Percutaneous Coronary Intervention:経皮的冠動脈インターベンション)と呼ばれています.⇒PCI治療の動画 
外科的治療
CABG(Coronary Artery Bypass Graft:冠動脈バイパス術)といわれるもので,狭窄・閉塞した血管はそのままにして,その先に別の通路(バイパス)を作成する方法です.以前は下肢の大伏在静脈という血管を使用していましたが,最近は内胸動脈といわれる胸部の血管や,胃大網動脈という腹部の血管を使用することが主流となっています.