医療法人社団 厚成会 海老名ハートクリニック 循環器疾患専門 及び 一般内科 高機能型有床診療所 高周波アブレーションカテーテル お問い合わせ 046-236-6085
狭心症、心筋梗塞、不整脈などの心臓病、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤などの血管病を扱う循環器専門クリニックです。
よくある質問
下肢静脈瘤の治療でよくある質問
下肢静脈瘤でよくある質問
 ■ 高周波アブレーションカテーテル治療について
Q: 高周波アブレーションカテーテル治療の対象となるのは?
A: 静脈弁の損傷や病変により血液が逆流し、静脈瘤が発生している方のうち、治療が必要と診断された方です。
 
Q: 高周波アブレーションカテーテルによる治療時間は?
A: 片足20〜30分程度が目安です。状態によっては日帰りが可能です。
 
Q: 高周波アブレーションカテーテル治療後の傷跡は?
A: 傷跡はカテーテルを挿入するための小さな開口部のみとなります。
 
Q: 高周波アブレーションカテーテル治療による合併症等リスクはありますか?
A: 術後の痛みはレーザー治療に比べ少ないと言われていますがが、痛みや皮下出血などが 起こる可能性はあります。術後の合併症、効果など、なんでもご相談ください。
 
Q: 保険はききますか?
A: 平成26年6月1日より保険適応が認められました。
 
 
 ■ その他の治療方法について
Q: レーザー治療はやっていないのですか?
A: 当院では現在までに外科治療を基本としてきました。今後はカテーテル治療を併用する方針ですが、レーザーより優れた高周波を使用しますのでレーザーは必要無いと考えています。
 

Q: 高周波アブレーションカテーテル治療が受けられないこともありますか?
A: 下肢静脈瘤といっても、症状や罹患部位、また患者さんの体調、生活環境等さまざまです。
当院では高周波と外科治療(ストリッピング手術)のどちらかまたは両方の組み合わせで、 より完成度の高い治療を行います。